都心からもアクセスしやすい観光地!宮ケ瀬へ愛犬&子連れで行ってきました

緊急事態宣言も明け、少しずつ外出がしやすくなってきましたね。我が家でも感染予防には気を付けつつも、外出する機会が増えてきました。

そんな中、先日家族で神奈川県の宮ケ瀬湖周辺へ行ってきました。その際ペット&子連れで楽しめるスポットがあったため今回ご紹介させて頂きます!

1.宮ケ瀬について

神奈川北西部に位置する清川村にあるダムです。

周辺には観光スポットが多数あり、またタイトル通り宮ケ瀬は都心からのアクセスもしやすいです。都内からだと車で1時間半~2時間ほどで行くことが出来るため、日帰りで行くことも可能です。

下記の公式ホームページに観光地についても詳しく記載されているので、訪れる際はこちらをご参考にされるとより楽しむことが出来るかと思います^^

2. ペット&子連れで訪問した場所

今回はこのようなスケジュールで行動しました。

11:30 ペット同伴可能なレストラン、びんずるでランチ

12:30 宮ケ瀬湖畔園地でお散歩

14:30 服部牧場で動物とふれあい

お昼到着という、少しゆっくりめのスタートでしたが、十分楽しむことが出来ました!下記に詳しく記載していきます。

2-1.びんずる

まず最初に訪問したのが”びんずる”というレストラン。こちらのお店は店内もペット同伴可能な席があるため、ペット連れの方におすすめです!

外観
愛犬いくらも一緒の席で

席は子ども用の椅子はなく、息子は大人と同じ席に座らせました。ベビーカーも持ち込める広さだったため、大人用の椅子が不安な月齢のお子様はベビーカーを持ち込むことをお勧めします。

メニューは下記の通り。メニュー数が多く、またリブロース、ハンバーグ、丼、しゃぶしゃぶ、ピザ、パスタ・・・など、バリエーションも豊富です!

メニュー数が豊富で何を頼むか迷った末、下記を注文しました。

  • 和風ハンバーグ(たっぷり大根おろしとだし醤油だれ)
  • いなか丼
  • 豚バラあぶりのっけ飯

和風ハンバーグといなか丼を息子とシェアする用に、豚バラあぶりのっけ飯は大人用として注文しました。

和風ハンバーグは清川恵水(めぐみ)ポークという、清川村のブランド豚が100%使用されています。食べてみると、とってもジューシー・・・!!肉の旨味がすごいです。また添えられているだし醤油だれと一緒に食べるとまた驚く程美味しく感動しました!(息子はタレなしで食べさせたかったため、だし醤油は別添えしてもらうよう店員さんにお願いしました。)

和風ハンバーグ(たっぷり大根おろしとだし醤油だれ)

いなか丼は揚げナス、刻みのり、大葉、おかか、納豆に醤油がかかっていて、まかない飯風。間違いのない美味しさでした!

いなか丼

豚バラあぶりのっけ飯はじっくり煮込まれた豚バラ肉が炙ってあり、香りからして美味しく、また実際食べてみるとお肉がトロトロでとても美味しかったです!絡めてあるタレもご飯とよく合い最高でした。

豚バラあぶりのっけ飯

注文したどのメニューも美味しく、他のメニューも食べてみたいと思ったため、次宮ケ瀬に来た際も是非立ち寄りたいと思いました。(次回はリブロースやめぐみポークしゃぶを食べてみたい・・・!)

またクレープのテイクアウトもしているようで、クレープ好き夫婦的にとってはとても魅力的だったのですが、ランチでお腹いっぱいになってしまった&服部牧場でアイスが食べたかったため断念しました^^;こちらも次回リベンジしたい・・・!!

公式HP: びんずる (miyagase.com)

食べログ:丸太小屋レストラン びんずる – 愛川町その他/定食・食堂 | 食べログ (tabelog.com)

2-2.宮ケ瀬湖畔園地

びんずるを出てすぐの下り坂を降りていくと、宮ケ瀬湖畔園地に到着しました。

けやき広場というかなり広々とした原っぱがあり、バトミントンをしたり、テントを広げたり、レジャーシートをひいてお昼寝をしたり、皆さん各々の楽しみ方をしていました^^いくらも息子も楽しそうに駆け回っていました♪

けやき広場
たくさん走った後のいくら。満足してにっこり^^

けやき広場をぐるっと半周して緩い坂道を進んでいくと、水の郷大つり橋に到着しました。

かなり長いつり橋ですが、しっかりとした作りなので揺れは少なめなのであまり怖さはありません。(高所恐怖症気味の夫は少し怖がっていました。笑)

橋の上からは大きな噴水を見下ろすことが出来ます。

いくらも問題なく歩けていました^^

進んでいくと何かあるかなと思いましたが、先には民家が広がっており観光スポットはなさそうだったためそのまま引き返しました。


今回私たちはけやき広場と水の郷大つり橋だけしか行きませんでしたが、夏はじゃぶじゃぶ池で水遊び、冬はイルミネーションなど、季節によっていろいろな楽しみ方が出来そうです^^

またカヌー体験やバーベキュー、グラススライダーという坂道を利用した大きな滑り台もあるようなので、また子どもが少し大きくなったらリベンジしたいと思います♪

※グラススライダーの対象年齢は小学生以上(未就学児(4歳以上)は保護者同伴であれば可)

2-3.服部牧場

最後に今回のメインイベント(?)、服部牧場に到着しました。宮ケ瀬湖畔園地からは少し離れているため車で移動しました。(車で約15分)

入場ゲートはなく、到着して駐車場に車を止めると、駐車場の目の前にたくさんの羊が放牧されていました。

ペットもOKなため、いくらも一緒に行きました。

いくら×羊

こちらの羊には餌をあげることができ、アイス工房内で100円で購入することができます。(ガチャガチャでも購入できるようです)

またJAF会員の方は、購入時に会員カードを見せるとエサ代が無料になるので忘れずに提示するようにしましょう^^

あげてはいけない動物もいるためご注意ください

早速あげてみます。

羊たちからのプレッシャー・・・
すごい勢いで食いついています。
(息子引き気味^^;)

こちらで購入できるエサはよくあるにんじんとかではなく、乾燥したコーン等なので、手のひらであげるしかなく・・・羊に手を嚙まれないかそわそわしながら与えました^^;食いつきがすごく、若干の恐怖を覚えながらも(笑)、良い経験が出来ました!


羊の隣のエリアには馬の親子もいました。

いくら×馬

こちらのお馬さん、人が好きなのか写真を撮ろうとすると柵から顔をにょきっと出して一緒に写真撮影させてくれました^^


少し歩いたところに牛舎があり、たくさんの牛を見学することが出来ます。(牛舎はペットNGなため、いくらは外で待っててもらいました。)

こちらで乳搾り体験もできるようですが、私たちは到着したのが遅かったためできませんでした^^;


その後はアイス工房でジェラートと牛乳を買い、おやつとして頂きました。(写真撮り忘れました^^;)

最後にソーセージ工房でお土産にあらびきソーセージを購入して帰路につきました。

こちらで購入したソーセージが、とってもジューシーですごく美味しかったです♪

服部牧場HP:服部牧場オフィシャルサイト (kanagawa-hattoribokujou.com)

3.おまけ 帰り道でオギノパンに寄り道

服部牧場を出て、5分程車を走らせたところにオギノパンの本社工場直売場の看板をみつけてしまったので立ち寄ってしまいました^^♪

私自身、横浜駅の相鉄線構内にある店舗に入ったことがありましたが、本社工場直売場は初めて。 本社工場直売場 では、揚げたてのあげぱんを購入することが出来ます。

揚げたてあんぱん
種類豊富なパンたち
人気の丹沢あんぱん

オギノパンさんについてはまた後日レビューしたいと思います。

オギノパン公式HP:株式会社オギノパン (ogino-pan.com)

食べログ:オギノパン 本社工場直売店 – 愛川町その他/パン | 食べログ (tabelog.com)

4.おまけ 宮ケ瀬を訪れる際の服装について

私たちが宮ケ瀬を訪れたのはまだ残暑続いていた時期で、平地は半袖で過ごせる気候でしたが、宮ケ瀬は少し標高もあるため、半袖だとかなり肌寒く感じ、上に羽織をしてちょうどよいくらいでした。(お昼過ぎくらいは半袖でも過ごせましたが)

真夏に宮ケ瀬に行った友人の話を聞くと「すごく暑かった」と言っていましたが、真夏以外は念のため羽織をもっていくと安心かもしれません。(平地が肌寒いくらいの時はしっかりめの防寒をおすすめします!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。