愛犬の食事情。ささみは最強のおやつです^^ (おまけあり-茹で汁活用レシピもご紹介!)

どのご家庭でも同じだと思いますが、ペットは大切な家族の一員。ずっと長生きしてほしいですよね。人間と同じように、ペットが健康に長生きする秘訣は適度な運動と衛生的な住環境、そして良い食生活にあると考えています。
良い食生活を送るためには、まずはメインとなるドッグフードの質の良さが大事と言えます。
我が家でも愛犬いくらに質の良いドッグフードを与えるよう心がけていますが、どうしても毎食ドッグフードだけだと飽きてしまうようで、おやつを混ぜて与えることがあります。

そこで今回はブリーダーさんお墨付きのおやつ兼補助フードである鶏のささみについてお話ししたいと思います^^(ブリーダーさんのお話はこちら→愛犬との出会い

おやつ(補助フード)にささみを与えるメリット

いくらに与えているおやつは市販のものもありますが、スーパーで売っているささみを茹でてあげることが多いです。

ささみを与えるメリット

①高タンパク低カロリー

ささみは高タンパク・低カロリー・低脂質の三拍子が揃っています。人間でも同じですが、太りにくく筋肉の成長をサポートしてくれるささみは犬にとってもプラスになるおやつです^^健康面はもちろんですが、ドッグランで走るのが大好きないくらにとっては、筋肉を維持するのは必須です。(ドッグランについてのお話はこちら→ドッグランで健康維持
そしてもちろん無添加なので、安心して与えることができます。

②コストパフォーマンスが良い

ペットのおやつって意外と高いですよね。モノにもよりますが、1週間程度で食べきってしまうものが1000円近くすることもあります。でもささみであれば通常1本100円もしません(お店にもよると思いますが、先日購入したものは5本で300円ほどでした。)。いくらはだいたい4~5本を1か月で食べきるので、市販のおやつに比べて圧倒的にコストパフォーマンスが良いと言えます。
また冷凍もできるので、たくさん作っておいて必要な時に解凍して与えるようにしています。(冷凍とはいえ1か月以内に食べきるようにしています。)

⓷とにかく食いつきが良い

実は結局これが一番大事なのですが、とにかくいくらはささみが大好き!また、細かく割いてドッグフードに混ぜて与えられるのも便利です^^写真では塊を与えていますが、我が家ではもっと小さくしてドッグフードに混ぜてあげることが多いです。

ささみ茹で中。無言のプレッシャーを与えてきます^^;
早く欲しくて仕方ない子。
美味しいね^^

犬にささみを与える際の注意点

ここまでささみを与えるメリットを挙げてきましたが、いくつか注意点もありますので、愛犬に与える場合は以下をよくご理解の上で与えるようにしてください。

ささみを与える際の注意点

①加熱してから与えること

犬にささみを与える際は必ず加熱したものを与えてください。加熱をしないことでサルモネラ菌による食中毒で亡くなってしまったという事件が過去にあったようです。一部では生で与えても問題ないという説もあるようですが、我が家では絶対に生では与えないようにしています。

②食物アレルギーに注意

体質によっては鶏肉アレルギーの犬もいますので、ささみを与える際は最初は少量を与え、問題なさそうであれば少しずつ量を増やしながら与えるようにしてください。

③与えすぎないこと

ささみにはリンという成分が含まれています。リンは骨や歯を作る大事な成分ですが、過剰に摂取すると腎臓病を発症するリスクがあります。ですので、どんな食べ物もそうですが、与えすぎず適度な量を摂取させるようにしてください。

ささみの茹で方

上記で加熱の必要性について記載しましたので、加熱方法についてもご紹介します。

①鍋にささみと、ささみがしっかり浸かるくらいの量の水を入れ、沸騰するまで加熱する。

②沸騰したら灰汁を取り、火を止め、蓋をして10~15分放置する。予熱で火を通すことで、しっとりとした出来になります。

③ささみを皿にあげ、触れるくらいまで冷めたら食べやすい大きさに手でほぐす。(丸のみして喉に詰まらないように、食べやすい大きさにしてあげてください。)

以上です!包丁も使わず味付けもないので誰でもできますね^^
電子レンジで加熱でも良いですが、余熱でじっくり温めるとしっとりして美味しくなるので、我が家では茹でるようにしています。

また冷凍する場合は、1回分をサランラップにまとめて保存しておくと、解凍するときそのまま電子レンジに入れればいいだけなので楽ですよ。(しっかり冷ましてから与えてください)

おまけ① ~人間用のレシピご紹介~

我が家では犬用にささみを茹でる際は少し多めに茹でて人間用のメニューに取り入れています。せっかくなので2つほどご紹介します。

①ささみのゆで汁を有効利用したスープ

ささみの茹で汁は捨ててしまいがちですが、茹で汁を使ってスープを作れば、ワンちゃんのおやつも夕飯の一品も作れるので一石二鳥ですよ^^
レシピはこちら ⇒ 捨てないで!ささみの茹で汁で卵スープ


こちらのレシピでは色々な具を入れていますが、ない場合は卵だけとか、わかめだけでも十分美味しいスープになります。

②ささみのさっぱり中華サラダ

この時期にぴったりな夏らしい一品もご紹介しておきます。ほとんど包丁を使わないので、ずぼらさんにもおすすめです^^(笑)
レシピはこちら ⇒ 夏にぴったり!ささみのさっぱり中華サラダ

夏にぴったり!ささみのさっぱり中華サラダ

おまけ② ~ドッグフードについて~

メインとなるドッグフードについては、色々試しましたが、ここ最近はニュートロ シュプレモというドッグフードに落ち着きました。理由はパッケージを見てわかるように様々な食材が使用されていて栄養バランスが良さそうなこと、また着色料などの余計な添加物が含まれていないからです。

ただ冒頭に記載しましたが、我が家の愛犬はドッグフードだけだと味にと飽きてしまうようなので、ささみや市販のおやつを混ぜて食べさせることが多いです。飽きないドッグフードがあれば一番ですが、これまで試したどのドッグフードも数日で飽きてしまったので、栄養バランスが良さそうなシュプレモを与えています。
おすすめのドッグフードがあれば、是非コメントで教えて頂けると嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。