柴犬いくら、ダイエット計画始動中!ドッグフード見直した結果。

”柴犬は太りやすい”とよく聞きますが、我が家のいくらには無縁のことだと思っていました。

数年前のいくら

しかし今年の5月中旬、フィラリアの予防薬を貰いに動物病院へ行ったところ・・・

いくらをのお腹を上から眺めながら獣医さんが一言

「うーん、ここのお肉、必要ないね!!」(笑ってお腹を手ではさみながら)

・・・がーん。

写真を見れば一目瞭然ですね。。。

昔はちょっと痩せすぎていたかな、とも思いますが、最近は顔が丸い・・・というか楕円形。。。薄々ぽっちゃりしたかなとは思っていましたが・・・。これはもう完全に飼い主の責任です。

医者に言われたからにはやらないわけにはいかない&なんといってもいくらには健康に長生きして欲しいので、ダイエット計画を始動しました!!

結論からお伝えしますと、現時点での効果はこちら!

7Kgちょい(ちょうどいい体型をキープしていた時期)
 ↓約1年半後
9.8Kg(体重ピーク時)
 ↓1か月後
9.2Kg

たかが0.6Kg、されど0.6Kg。

98Kgの人が1か月で92Kgになったら、「おお、頑張ったね!」と言ってあげられますよね^^

とはいえまだ適正体重とは言えないので別の対策もしていくつもりですが、まずはこの1か月でやったことをまとめたいと思います!

1.愛犬いくらの体型変化

冒頭にも写真を載せましたが、もう少し詳しくこれまでの体型変化を載せていきます。


まずは我が家に来たばかりのいくらさん。かなり細身なキツネさんタイプ。

お散歩で他の飼い主さんと話すとかなりの確率で「豆柴ですか?」と聞かれていました。そうなんです、パパもママも豆柴なんです。

寝そべると細さがよくわかる。うっす!!


我が家にきて1年ほど経ったいくらさん。変わらず細い。キツネ。

お顔回りがスッとしています。顔の周りのお肉?つまむところありませんよ。

くりくりお目目、かわいいねえ。


我が家にきて2年半のいくらさん。あれ、なんかお腹に厚みが出てきた・・・?

昔より少しふっくらしたけど、昔は痩せすぎだったからちょうど良いくらいかも?

ここら辺は大体7キロちょっとをキープ。


我が家にきて4年経ったいくらさん。

ドーーーーン!!

後姿が逞しい。お父さんの背中。(♀)

お腹周りぽよん。MAX9.8Kg・・・。ちょうどいい体型と思っていたころから3キロ近く増。

小顔なので身体隠せばスッとして見える♪

しかしお顔回りのお肉が・・・

掴める掴める。いい伸び具合。


2.なぜ肥えてしまったのか(懺悔)

2-1.ドッグランに行く回数が激減

いくらがふっくらし始めた2年半前と言えば、ちょうどコロナが流行り始めた頃でドッグランも控えるようになりました。また我が家でちょうどいくらの弟分(息子)が産まれたタイミングとも重なり、初めての子育てでてんやわんやでいくらが大好きだったドッグランに行く回数が激減。

また超びびりだったいくらは普通の道のさんぽは苦手で車が来ては止まり、人とすれ違えば座り込み・・・という状態だったので日々の散歩もあまり行けず。(公園は好きなので車で行くことはありましたが)

典型的な運動不足です・・・。

2-2.食生活

いくらが一歳くらいになってから、ほとんどずっと同じドライフードを与えていました。

栄養価としては申し分なく、最初は食いつきが良かったためあげ続けていましたがいつしかドライフードだけでは全く食べないように・・・。

仕方ないので茹でたささみや市販のおやつなどを小さくちぎってふりかけ代わりにして食べさせていました。(犬用の鰹節などのふりかけは食べない)

それでも食べないこともあり、夕方~夜にさらにささみを追加して食べさせる・・・という、食事の質的にもリズム的にも良くない生活を送らせてしまっていました。

3.いくらの減量対策

一番効果があったのはズバリ、食生活の改善です。

3-1.ドライフードの変更【ACANA】

まずはドライフードの変更。以前柴犬を飼っている親戚からお裾分けで頂いたACANA(アカナ)というブランドのフードへの食いつきが良かったため、調べてみたところ、なんとACANAのダイエット食があることが判明!!

こちらの「アカナ(ライト&フィットレシピ)」をあげてみたところ、食いつきよし!時々ささみ無しでも食べ、ささみを入れたとしても一かけ(3g程度)で楽々完食するように。以前はこの4~5倍の量のささみ入れてやっとドライフードを食べていたので、大進歩です!

3-2.1食分の量を変更

これまでは1食カップ1杯分(1日2回)をあげていましたが、1食カップ1/2杯分(1日2回)へ変更しました。

アカナ(ライト&フィットレシピ)の一日の適正給与量は以下になります。

犬の体重ダイエット体重維持
5-10Kg60-120g80-150g
10-20Kg120-200g150-240g
20-30Kg200-270g240-320g
30-40Kg270-330g320-390g
40-50Kg330-400g390-450g
50-60Kg400-450g450-520g

カップ1/2分で約50gだったので、一日の量は約100gとなり、ダイエット中の適正量となりました。

3-3.食べなかったらすぐに下膳する

これも効果があった気がします。

今までは食べなければご飯を出しっぱなしにして食べるまで待っていましたが、食事を出すタイミングを決め、手を付けなかったら必ず下げるようにしました。

数日たつと今までのようにいつでも食べられるわけではないことが分かり、出されたタイミングでしっかりと食べるようになりました。


以上の対策を行ったところ、毎回の食事を安定して食べるようになってくれました!

以前までは今の倍の量を1食分で与えていたので食べきれない→食べきらないのでささ身を追加する→ささ身ばかり食べるという負のループだったので、大進歩です!

基本的なことですが、

口に合う食事を、決まった時間に、適正な量を。

これがダイエットの鍵でした!

そして何よりもいくらも食事の時間が楽しみになっているようで、朝と夜、ほぼ同じ時間にご飯を欲しがるようになりました。(ご飯が足りず空腹すぎるときは胃液を吐いてしまうのですが、最近はそれもないのでおそらく多すぎず少なすぎず丁度良い量なのだと思います。)

いくらが気に入ったアカナ(ライト&フィット)は大容量サイズもあるので、今度はこちらを購入してみたいと思います。

飽きませんように・・・!笑


ちなみにダイエット後の姿はこちら。後姿をみて、「スッとした!!」と感動して撮ったもの(笑)

4.今後について

ダイエットを始めて1か月。少しやせたもの、8キロ前半までは落としたいので、引き続きいくらと一緒に頑張っていきたいと思います!

今後の計画
  • ドッグランの回数を増やす
  • 体重・運動量に応じて食事の量を調整

ちなみにドッグランは昼間は暑くなってきていくらがほとんど走らなくなるので(飼い主もつらい笑)、ナイトドッグランや、ドッグプールのあるドッグラン、室内ドッグラン等に行く予定です♪


【ご参考】★過去に行ったおすすめドッグランはこちら★

↓新横浜公園(ナイトドッグラン)

↓小谷流の里ドギーズアイランド(ドッグプールあり)

↓WANCOTT(室内ドッグラン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。