【ドッグラン紹介】新横浜公園ドッグラン @神奈川県横浜市

横浜市で最大級の広さを誇る、新横浜ドッグランについてご紹介します!愛犬を思い切り走らせてあげたい、たくさんのワンちゃんと遊ばせてあげたいという方におすすめの施設です。

1.総合評価

最初に、ドッグランの概要を、5点満点でご紹介します!

新横浜公園ドッグラン
愛犬満足度
(5.0)
広さ
(5.0)
設備充実度
(4.0)
コスパ
(3.0)
自然度
(4.0)
混み具合(混雑=☆5)
(5.0)

2.ドッグランの概要

日産スタジアムを所持する新横浜公園内のドッグラン。広大な敷地内で愛犬を思い切り走らせることが出来ます。

複数の運動広場や遊具などがあり、様々な目的で利用することが出来る施設です。

3.特徴

新横浜公園のドッグランといえばまずはその広さ!約3,000㎡(小型犬エリア:600㎡、中・大型犬エリア:2,400㎡)の広大かつ開放的な敷地内で愛犬を思い切り走らせることが出来ます。気持ちよさそうに走り回っている姿をみると飼い主まで嬉しくなってしまいます。

小型犬エリアと中・大型犬エリアに分かれているため、小さなワンちゃんも安心して遊ばせることが出来ます!

手前が中・大型犬エリア、奥が小型犬エリア

季節によって営業時間は異なりますが、夏場は暑い時間を避けて開場時間が夕方~夜になっています。真夏だと昼間はワンちゃんもすぐバテてしまいますし飼い主も暑くて大変なので、ナイトドッグランが利用できるのは非常に助かります!
(開場時間詳細→公式HPより:施設紹介・ご料金 | 新横浜公園ドッグラン (shinyoko-dogrun.com)

ナイトドッグランは首輪にライトをつけておくと愛犬を見失いにくいです

ドッグラン内ではボールなどのおもちゃは使用できませんが、人気なドッグランなので常にたくさんのワンちゃんがいて愛犬同士たくさん遊ばせることが出来ます。常にドッグラン内のどこかでワンちゃん同士の追いかけっこ大会が行われています^^また、時々同じ犬種同士のオフ会(アンオフィシャル)が開催されているのも見受けられます。

野外施設のためドッグランへの出入りは二重扉になっています。スタッフの方が常在しており、扉の開け閉めをしてくれるため誤って愛犬が外に飛び出してしまうことがなく安心です。

4.料金、利用方法

  • 登録:必要 (登録者の身分証明書、混合ワクチン接種証明書、狂犬病予防注射済票、犬鑑札)
  • 登録費用(年間):1名+1頭→1,200円、追加(名/頭)→600円
  • 毎回の利用料:1名+1頭→500円、犬追加(頭)→500円、人追加(名)300円
  • 更新料:600円
  • 登録カード再発行料:200円

開場時間は季節によって異なるため、ホームページの会場日カレンダーを確認して下さい。

また天候などにより臨時休業になることもあるため、おしらせページも併せてチェックしておくと安心です。

5.アクセス、駐車場

住所:新横浜公園 横浜市港北区小机町3300
   新横浜公園内 遊具広場隣(第3 レストハウス向)


駐車場:新横浜公園第1~3駐車場があります。第3駐車場がドッグランに一番近いですが、運動広場や日産スタジアムもある関係で、混雑して駐車場待ちすることもあります。下記のページで駐車場の空き状況を確認できるので事前にチェックしておくと良いと思います。

6.関連リンク

新横浜公園ドッグラン公式HP

7.子連れでの利用について

新横浜ドッグランは15歳未満のお子さんは無料で利用することが出来ます。

またドッグランのすぐ近くにかなり大きな遊具があるため、お子さんがドッグランに飽きてしまったら遊具で遊ぶことも出来るため、子連れでも楽しむことが出来ます。

おまけ ~愛犬いくらの様子~

満面の笑み^^
木陰で休憩♪
石の上が冷たくて最高♪
満足して完全に伸びきっているいくら
大きい犬に追いかけられると適わないので、ベンチの下に隠れます。
動画では誰にも追いかけられてないのに隠れてますが(笑)かなりのびびりマンです^^;
楽しすぎて、帰るのイヤイヤ

ごま柴さんぽ的ドッグランデータベース

ドッグランについての記事をまとめました(関東圏中心)。その他のドッグランについてはこちらをご覧ください!

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。