【ドッグラン紹介】代々木公園ドッグラン@東京都渋谷区

都内最大級のドッグランである、代々木公園ドッグランについてご紹介いたします。代々木公園内に位置する、多くの人で常に賑わう楽しい施設です!

1.総合評価

最初に、ドッグランの概要を、5点満点でご紹介します!

代々木公園ドッグラン
愛犬満足度
(4.0)
広さ
(5.0)
設備充実度
(3.5)
コスパ
(5.0)
自然度
(4.0)
混み具合(混雑=☆5)
(4.5)

2.ドッグランの概要

代々木公園内にある、都内最大級の広さのドッグランです。自然の樹木が生い茂る緑豊かな敷地で、気持ちの良い時間を過ごすことができます。

代々木公園管理事務所で利用登録を行うことで、無料で使用することができます。登録料も無料のため、お財布にも優しいおすすめのドッグランです。

利用登録を行えば、都民でなくとも誰でも利用することができます。

3.特徴

ドッグランは、体重別に3つのエリアが分かれています。
 「中・大型犬用エリア(10kg以上)」
 「小・中型犬用エリア(~12kg)」
 「超小型犬専用エリア(~5kg)」

総面積は3620㎡と非常に広く、大型犬でも十分な運動をすることができます。比較的大きな大型犬が多く、中には珍しい犬種も見受けられ、流石はお金持ちの多い都心エリアのドッグランです。

おもちゃの使用は禁止です。トラブルを避けるためにもルールを順守しましょう。

0~6歳の子供の入場は禁止されています。この点は小さな子供がいる家庭にとってはややネックポイントです。

利用客層としては、おそらく地元の常連客が比較的多そうな印象であり、飼い主同士で集まって立ち話をしている方々が多くいる印象でした。

無料の施設でありながら、ドッグランの出入り口には管理人の方がいて、登録証の確認が行われていますので、安心感があります。

4.料金、利用方法

  • 登録:必要(市区町村発行の鑑札と、その年度の狂犬病予防注射済証が必須)
  • 登録費用:無料
  • 毎回の利用料:無料
  • 更新料:無料

登録に関する注意点

登録には、その年度の狂犬病予防注射済証が必要です。また、登録証の有効期限は次年度の9月末日迄となっております。実はこの登録期間設定により、予防接種を10月~3月に受けたワンちゃんの場合、有効期限切れとなりドッグランを利用できない期間が発生します。

生後最初の接種は、生まれた時期によって決まるため、どうしても有効期限切れになってしまう可能性があります。また、以降毎年同じ月に予防接種を受けさせている場合は、注意が必要です。

※狂犬病予防法施行規則11条【予防注射の時期】にて、狂犬病注射は4月~6月に受けることが定められています。

狂犬病注射の接種を1月に受けている場合の期限切れ期間

5.アクセス、駐車場

住所:東京都渋谷区代々木神園町・神南二丁目

駐車場:代々木公園駐車場あり (【普通車】1時間まで600円、以後30分毎に300円)

6.関連リンク

代々木公園ドッグランの公式HPはこちらです。

2022年4月9日(土)・10日(日)に、「わんわんカーニバル」というイベントが開催されます!

わんわんカーニバルは、代々木公園で年に1回開催される、ワンちゃん大好きな方が愛犬と一緒に1日中楽しめる入場無料の都心最大級のドッグイベントです。

フードやアクセサリーなどの出店も多く予定されており、とても賑やかです。

ご興味のある方は、こちらの公式サイトもご参照ください。

おまけ ~愛犬いくらの様子~

ごま柴さんぽ的ドッグランデータベース

ドッグランについての記事をまとめました(関東圏中心)。その他のドッグランについてはこちらをご覧ください!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。